診断調査は主に以下のような手順で進行します。

現地調査の内容については、調査計画の立案、実施計画書の作成の段階で、発注者との協議により、重点項目を絞り込み現地調査を実施します。

調査準備

  • 平面図、街路樹台帳、過去のカルテなど必要資料の借用
  • 現地下踏査、調査計画の立案、実施計画書の作成
  • 樹木番号の取付・確認

STEP
1

現地調査

成果品をまとめ、報告書を提出

  • 写真撮影、形状寸法の計測・記録
  • 現地調査(目視や打音などによる診断、機械による診断)
    ※作業中に異常を認めた場合は、異常状態を把握して写真等にて監督員に連絡

STEP
2

カルテ・報告書の作成

  • 各樹木毎のカルテ作成・分類・集計
STEP
3

処置方法、管理計画の作成

  • 被害樹木の処置方法の検討・管理計画の策定

STEP
4

外観診断

目視

・樹勢・樹形の評価
・樹皮欠損、開口空洞の有無
・腐朽・病害虫の有無など

木槌打診

・目視で分からない幹や根元内部の腐朽空洞の発見
・腐朽空洞部の範囲、程度の確認

鋼棒貫入

・目視で分からない幹や根元内部の腐朽空洞の発見
・腐朽空洞部の範囲、程度の確認

根元の掘削

・地際部の腐朽菌の発見
・巻根・露出根の確認、程度の把握

揺らぎ

・根の支持力の確認
・即座の倒木危険性の確認

上部外観診断

・枝の付根の異常による大枝折れの危険性の評価
・目視・打音・鋼棒貫入などにより行われる

精密診断

貫入抵抗測定器による診断

IML社製 PDシリーズ
幹に直径2㎜程度のキリを挿入し、キリの先端にかかる貫入抵抗値により内部の腐朽空洞を推定する

音響波による診断

幹に2つ以上のセンサーを取り付け、センサーを打撃することによりセンサー間の音響波の速度を測定することにより、幹内部の腐朽空洞部の形状と割合を推定する。
マイクロハンマー・アーボソニック3D・ピカス・ドクターウッズなどがある。

音響波による診断

アーボソニック3Dの使用風景