アーバンフォレストは日本ではあまり聞きなれませんが、
世界の都市政策の中では最近よく耳にする言葉です。
直訳すれば都市の森林ですが、
都市公園法の都市林という限定的な場所を示すものではなく、
森林のもつ生態系サービスの提供を行っている、
都市及び都市近郊にある全ての樹林を包括して
アーバンフォレストと呼ばれています。
欧米で行われているアーバンフォレストの取り組みとは、
都市の樹木や樹林の環境的価値を高め、
気象変動やヒートアイランド、
都市洪水などに対してレジリエントでかつ生物多様性に富み、
コミュニティを育む、
豊かな都市をつくっていこうとするものです

アーバンフォレスト

森林による、冷却・省エネ・大気浄化・雨水流出量抑制・野生生物の生息空間などの生態系サービスを提供する、都市および都市近郊の包括的な樹林の概念。
それらの生態系サービスによる便益を高めることにより、ヒートアイランドや都市洪水などの都市災害回避、人々の屋外活動の促進及びコミュニティの育成、生物多様性の確保などの効果があり、都市社会の心理的・社会学的・経済的に安心な環境がより促進される。
対象は街路樹や都市公園の樹林、都市林、工場の林地など、公共や民間の区別なく、また都市から離れた森林を含む場合もある。

欧米では街路樹もアーバンフォレストの要と位置付けられており、数を増やすとともに、樹冠率(canopy cover)を高めることが意識されています。樹冠の大きい樹木ほど、炭素蓄積固定、大気汚染物質の除去、冷暖房使用量の削減、野生生物の多様性などの効果が高いからです。また従来のように特定の樹種ばかり植えるのではなく、環境や地域性に配慮しながら樹種を選定し、生物多様性やエコロジーを高める努力が行われています。そして樹木がしっかり成長して二酸化炭素を固定するように、健康な樹木の比率を高めることも重視されるようになっています。

 

 東京の表参道、仙台の定禅寺通り、大阪の御堂筋など、日本にも環境的価値の高い街路樹はありますが、多くの通りでは強く切り詰められているのが現状です。電線がある、歩道が狭いなど、樹冠を大きくできない条件が多くあります。
 ただ電線が地中化され歩道が広くなった場所でも、街路樹が逆になくなっている場所が多く見られます。
 また管理費の削減のために、多くの通りでハナミズキなどの大きくならない樹木が植えられるようになってきています。
 日本の街路樹の現状は世界のアーバンフォレストの潮流とは逆の流れとなっているといえます。
 街路樹診断協会では、これからの持続可能な社会のために、日本におけるアーバンフォレストの取り組みを推進し、これからの街路樹のあるべき姿を追求し、社会に発信・変革していくことが、街路樹に精通した我々の役割であると思っています。
 昨年、その最初の取り組みとして、シンポジウム「世界のアーバンフォレスト政策と樹木マネジメント」を開催させていただきました。今後もこの取り組みを継続してまいります。

グリーンインフラ官民連携プラットフォーム

一般社団法人街路樹診断協会は2020年3月19日に発足したグリーンインフラ官民連携プラットフォームの会員になりました。

街路樹・アーバンフォレストの名所

メルボルン市におけるアーバンフォレスト政策のご紹介